めまい


「めまいがする」と一般に言いますが、はっきりとした原因が分からずに見過ごされてしる場合も多いのが現実です。それは単なる体の疲れが原因の場合もありますが、睡眠や休養を十分にとってもなかなか回復しないめまいの症状は、病気かも…と疑って調べる必要があります。
 めまいの症状がある時に耳鼻咽喉科を受診するというのを不思議に思われる方もいらっしゃると思います。耳が持つ機能には「聴覚」と別に「平衡感覚」があります。つまり耳の奥の「内耳」というところにある「三半規管」や「前庭」という器官に身体のバランスを保つ役割があり、その機能が悪くなることでめまいの症状が起こるのです。
 めまいの原因としては他に脳、心臓、血圧、自律神経、ストレス、薬物性などいろいろな原因がありますが、検査しても原因がはっきり分からないことが多いのも事実です。

めまいの自覚症状

  1. 回転性のめまい:自分や周囲がぐるぐる回る症状です。
  2. 非回転性(浮動性)のめまい:自分や周囲がゆらゆらと揺れる、ふわふわとする感じ。
  3. 平衡失調:起立時、歩行時にふらつく感じ、左右どちらかにかたよって歩いている。転倒しやすい。
  4. 立ちくらみ:立ち上がった拍子に目の前が暗くなる、意識が遠くなるなどです。めまいの症状以外に何か他の症状を伴うことがあることも多いです。
  1. 難聴、耳鳴:耳が原因のことが多い
  2. 吐き気、嘔吐:回転性めまいに伴うことが多い。
  3. 手足などの麻痺、物がダブって見えるなど:麻痺は「動かしづらい」「しびれる感じ」などですが、これは脳など頭蓋内の病気を疑うべき症状です。
  4. 動機、息切れ:自律神経、心臓の病気(不整脈)
これらの様々な症状は原因を診断するために重要は所見です。しかし耳が原因のめまいの中にも難聴がまったくないものも多いことや、耳以外に原因があるめまいの中には命にかかわる重大な病気も隠れていることもあり、やはり専門医の診察や検査を受けるのがよいと思われます。

めまいの原因となる病気

メニエール病、前庭神経炎、良性発作性頭位めまい症、突発性難聴、内耳炎、脳血管障害、脳腫瘍、脊髄腫瘍、椎骨脳底動脈循環不全症、不整脈、低血圧症、高血圧症、起立性調節障害、自律神経失調症、ストレス、眼精疲労、栄養失調(過度なダイエット)、頚椎疾患、顎関節症、うつ病などの精神神経疾患

当院での診断・治療

それぞれの患者さまの状態に応じて問診の上、@聴力検査A耳レントゲン検査B重心動揺検査・頭位および頭位変換眼振検査など各種の平行機能検査を行い診断します。 治療は原因にあった治療法を選択し、薬物療法(内服薬、場合により点滴治療など)を中心にしておりますが、頭位性めまい症は運動療法の指導により浮遊耳石置換などの治療をします。

 

ページのトップへ